旅行

【海外旅行】航空券のスペルミス!その時取った行動

2019年2月末にベトナム旅行に行ってきたRISAKOです。
ベトナムはそれはもう最高だった…

…というお話をする前に、私がやってしまったとんでもないミスについての記事です。
誰しもが起こりうること…

そう…航空券のスペルをミスしたまま手配をかけてしまっていたのです!!!!!

ネット予約に潜んでいた罠

今回はとある旅行代理店とメールでやり取りしつつ、ネットから予約しました。

いよいよeチケットも手元に届いてやったぜ〜!な〜んて思っていたら。
ふと、書類にしっかり目を通してみたらですよ。

 

どうでしょう。

 

\友人の名前、スペルミス!!!/

 

 

これは旅行代理店のミスではなく

完全なる予約手配した私のミス。

私が旅行代理店に間違って伝えていたんです。

 

 

 

久々に血の気が引きました。

 

だってもう出発まで20日前くらいだし、名前一文字でも違ったら飛行機乗れないって何度も注意書き見たし…

 

 

速攻で旅行代理店に電話。
事情を説明し、ひとまず旅行会社代理店経由で航空会社に連絡を取ってくれることとなりました。

 

(※代理店経由ではなく、自分で航空券を手配している場合は自分で航空会社に電話してください!)

 

ただ、その電話で話した時に告げられたのは…

 

「一応航空会社に交渉してみますが、大抵の場合一度今予約しているものをキャンセルし、チケットを取り直すということになります…」

 

 

気持ちとしては行けるならいくらでも払います!!!っていう状態でした。

レッツ、お金で解決!!!!!

 

 

 

…でも、気になるのはその場合どれくらい料金がかかるかですよ。

 

今予約しているものをキャンセルして払い戻しでちょっと戻ってきたとしてもたかが知れているし…

 

 

 

代理店の方に「最悪いくらくらいかかりますかね?」と聞いてみたところ、現在の航空会社の空き状況を見てくださったんですが、すでに残席が少なくなってきていること、そして今の航空券の値段が15万するということを教えてくださいました。

 

 

プチパニック状態だったので15万が片道なのか往復なのかは定かではないのですが、もし片道だとしたら往復30万…。

 

払い戻しで戻ってきたお金引いたところで…

 

 

\ 絶★望 /

 

 

 

でも、予約したのは私であってミスしたのは私。

 

いくらかかったとしても、絶対に私が払うと決めていました。。。

30万でも払うよぅ…と。。。

 

代理店からの返答と対応

代理店の方が航空会社への交渉結果を待つのみ。

この時間が嫌でしたねぇぇぇ〜…。

 

ほんと皆さん、自分で入力して予約する場合はスペルチェックは何度も何度もしてください!!!!!

 

同じ過ちに苦しむ人が減りますように…(ノД`)

 

 

 

そして!!!

代理店の方から連絡がありまして!!!!

 

 

 

電話に出れず、メールで一報が来ていたのですが、思わず「えっっっ」と声が出てしまいました。

「航空会社への交渉の結果、25,000円の負担ということになりました」

30万を予想していたので、それだけ!?とビビりました。

 

さらにさらに

 

「ただ、今回はこちらの確認不足もありますので、半分はこちらで持たせていただき、15,000円お支払いいただくというのはどうでしょうか?」

 

 

 

な、な、な、なんと!!!!

なんでそんな優しいの(´;Д;`)

全然25,000円払いますから!!!!!

 

と、いう気持ちでいたらまたメールが届き

「航空会社さんへの交渉をさらに進め、今回限りということでお金は不要となりました」

とそのメールには新たなチケットが添付されておりました…(´;Д;`)

 

色々とネットで調べる限り、こんな事例はあまりないようです。

たまーに、当日空港に行ってカウンターでゴネて乗せてもらえたとか聞きますが、行きは行けても帰りは!?とか

 

乗り継ぎある場合の不安とかは拭えないので、もし気づいてしまったのであればその時に何らかの行動はした方がいいと思います!!!!

 

 

今回私の場合は交渉してくださった代理店の方に感謝感謝です…!!!

そして、お許ししてくださった航空会社に感謝感謝…。

ちなみに、航空会社によってこういったことは規定が異なります。ガチガチに厳しいところもあれば、ゆるいところもあるようです。

よく、姓と名を反対に書いてしまう!なんて失敗もあるようなので皆さんほんと、何度だって言いますが名前の確認だけは要注意です!!!!!

みなさま素敵な旅を!!!!!